fc2ブログ
2021 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 01

【あの人109】Iさん

kage

2021/11/14 (Sun) 16:15

仕事上の大先輩である。
自分よりも、いくつ年上なのだろう。
自分が40歳の時は、すでに定年になっていたのだから、そろそろ80歳の声は聞こえているのかも知れない。
いつも不機嫌な顔をしていた気むずかしい人であったが、時々何かの拍子に笑うこともあった。
それがとても珍しい。
自分としては、怒られたり文句を言われたりした記憶しか無いのだが、仕事上の事なので、後々には気にすることも無くなった。
通勤は電車だったはずだが、15km程南の駅が最寄り駅で、夜勤の時はどうやって通っていただろう。
当時は0時に終了になる仕事もあったはずであるが、家族の送迎があったとは聞いていない。
今も昔も午前零時過ぎにに発車する通勤電車は一ノ関駅には無い。
その夜勤の時は、会社で出前を取っていたのだが、自分が聞きに行くとほとんどの答えが「湯麺」である。
これは、働く場所が工業団地の方へ移ってからもそうであった。
なぜに彼はそこまで湯麺をこよなく愛したのか、今となっては聞くこともできない。
亡くなったとは聴いたことが無いので、きっと老後を楽しみながら存命なのであろう。
懐かしい人だ。
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する