fc2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

【マグカップ】その5

kage

2020/06/24 (Wed) 07:58

もらい物のカップ

cup005.jpg

スヌーピーのマグカップである。
同僚が同じものを持っていたのを思い出したけど、いったい何処で手に入れたのか忘れてしまった。
ネットに情報が転がってるかなと、色々とググっていたら、ハタッと思い出した。
7-11の販促グッズではなかったかなぁ。
洋服の青山ではないよね?
ある一定の金額以上を買うと引くことができるくじ引き。確かそれでもらったんじゃなかったかなぁ。
中学生ぐらいのときに一生懸命スヌーピーの漫画を読んだことはあるが、だからと言って熱烈なファンでもない。
でも、可愛いのとノベルティってことで大事に使っている。
本当はもう一つ欲しかったのだけれど、中々うまくはいかないものである。(汗)

スポンサーサイト



あ行:いがった

kage

2020/06/24 (Wed) 07:23

言葉:いがった

意味(ニュアンス):良かった

用例・用法:あの映画、いがったなぁ

解説(解読):あの映画、良かったなぁ

備考:

【あの人16】・・・・

kage

2020/06/24 (Wed) 07:21

いつもギターを持って大人の病棟から遊びに来ていたお姉さんだ。
小学校5年生の時に仙台のベットスクールに入院していたのだが、時々他の病棟から色んな人が遊びに来ていた。
その内の一人だったが、覚えているのは彼女が髪を長くしていて少し丸顔、スカートをはいていたということだった。多分20歳をいくつか過ぎていたと思うのだが、11歳の俺にとってはすごくお姉さんに思えた。
持ってきたギターで童謡なんかの皆が良く知っている歌を弾いて歌ってくれて、すごく人気があった。
彼女はなんの病気でどのぐらい入院していたのか、また俺が退院した時もまだ病院にいたのかは知らない。
そして、彼女が遊びに来てくれたのは2回しか知らないのだけれど。
ずっと長い事、記憶の底に埋もれていたのだが、平井堅が歌ってヒットさせた「大きな古時計」を聞いた時に、彼女の姿が鮮やかによみがえってきた。