fc2ブログ
2021 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 01

カテゴリ:【ツールズ】 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

【マグカップ】その8

kage

2021/11/30 (Tue) 20:26

cup008_202111302026036fb.jpg

スタバのコーヒーカップ、ショート用である。(笑)
手に入れたのは何年前になるんだろう。
いつもスタバに寄ると、ほとんどはこのマグでコーヒーを飲む。
一番最初にコーヒーを飲んだときは、何となくずんぐりむっくりした形だなと思っていたが、慣れてしまえば使いやすく飲みやすい。
相当考えられているのだろう。
詳しくは知らないけれど、その時々によってデザインされたマグも販売される用である。
また、世界各国でもマグのデザインは違うみたいである。
Amazonで探してみると出てくるのだが各国仕様のマグが出てくるのだが、普段使いのマグにするには、さすがにちょっと高い。(汗)
最近は新型コロナの影響で、どこの店舗でもマグではなく、紙のカップで出されるのが残念。

スポンサーサイト



【マグカップ】その7

kage

2021/11/27 (Sat) 11:14

cup007_202111271114175eb.jpg

nico and ...のマグカップである。
2018年7月、東京ビッグサイトへの出張で、横浜の方まで足を延ばした。
その時、何か同じ物を買って帰ろうと思いつき、ウロウロしてるときにnico and...のショップに遭遇した。
ショップ内をいろいろと見て回っていたら、アルファベッドを頭文字にしたマグカップを発見した。
自分の頭文字もあるしと思って、頭文字違いの2つをそれぞれに買った交換した。
そして「Happy is the man who enjoy」の一番が添えられている。
それまで使ってきたマグカップとは違い、全体的に薄くできており軽くなっている。
しばらくは会社で使っていたのだが、部署の異動にともないカップの置き場も無くなってしまった。
なので、壊さないようにと家に持ち帰り、そのまま使っている。

【ベース&ギター】その26

kage

2021/11/23 (Tue) 07:56

zoom_r24.jpg

2021/06 [ZOOM R24 MTR]
何か音楽的な事をしたいと思い、数十年振りにマルチトラックレコーダー(MTR)を購入した。
何となく某フリーマーケットを眺めていたら、リズムマシンやらMTRやらが売りに出されているのを目にした。
新品はちょっとお高いので、あまり使用歴の無さそうな物を選んだら、それはお得なんじゃないかと思うようになった。
そういうわけなので、結構な数と期間をMTRの良い出物が無いかと眺めていた。
当初はこれの下位機種のR20で良いと思っていたのだが、R24ならリズムマシンの機能も備えていると言うことで、こいつを購入した。
前のオーナーもあまり使わなかったという通り、届いた品物は新品とまでは行かなくても、そこそこにきれいな物だったからありがたい。
ただ、自分自身の才能と閃きの無さが災いしてか、未だに試運転しかしていないのが現状である。

【ベース&ギター】その25

kage

2021/11/20 (Sat) 16:49

musicman_bongohs.jpg

2021/05 [MUSICMAN BONGO SH]
オーダーしたMii216 spが最後のベースになるはずだったが製作してもらっている間に、ずっと探していたPUがSHで4st仕様のMUSICMAN BONGOが売りに出されているのが目に入ってしまった。
しかも悪いことに、正規の値段の1/3だというから、これはゲットしないわけには行かないということになった。(笑)
届いてからあららと思ったのは、音が出ない。
電装系だとは思ったが、とりあえず仙台にあるリペアショップに持ち込んで診断してもらうことにした。
結果としては、配線に錆が出ていたのと、電池ボックスが錆でダメになっていたと言うことが判明した。
そういうわけなので、オーバーホール(パーツ磨き、清掃、ネック調整、オクターブ調整)+フレットすり合わせと、電池ボックス交換、配線の補修と防錆処理をしてもらうことにした。
音的には、BONGOはアクティブでMii216spの方はパッシブの違いがあるが、puの配置からMii216 spに似ていると言うことで、ビュンビュンという感じ。
もちろん自分好みになっている。
弾いていて感じたのだが、スラップのプルの時に、ネックエンドとフロントpuの間が狭いために指を入れづらいこと。
元々スラッパーではないから、これは慣れの問題かも知れないので、じっくりと練習する。
早くライブで音を鳴らしてあげたいなぁ。

FIND YOUR INSTRUMENT
This finder expects serial numbers from guitars and basses manufactured in the San Luis Obispo, CA, USA facility. Unfortunately, this will not return details from Music Man Amps OLP or Sterling by Music Man instruments. Serial numbers will start with an uppercase letter followed by 5-6 numbers. Older instruments from the '70s and '80s will be all numeric, and will not be found by this finder.

Serial #:F08593
Manufactured:November 11th, 2003
Build Code:144-04-22-11-00-CR
Model:Bongo HS
Color:Egyptian Smoke
Neck:Rosewood Painted Bong
Hardware:Chrome Hardware
Serial Number:F08593

【ベース&ギター】その24

kage

2021/11/17 (Wed) 21:10

ghf_mii216sp.jpg

2021/04 [Guiter House Fret Mii216 special by H.Hama]
人生最初にして最後のオーダーベースである。
何本かのベースのリペアでお世話になっている、仙台にある工房「Guiter House Fret」さんにお願いして作ってもらった。
最初はシェイプからオリジナルにしようと思っていたのだが、自分自身のセンスの無さにガッカリしたので、Fender PBのボディシェイプとFender OPBのヘッドののデザインを流用した。
ネックはJazz Bass に近い握りとなっているのが使いやすい。
ピックアップはセイモア・ダンカンのシングルとハムバッカーをパッシブで組み合わせ、コントロールは前後PUバランサー、マスターVol、マスターToneにしてもらった。
音を表現するのは難しいのだが、フロントは芯のある甘い音、リアは張りのある力強い音で、両方を50:50でミックスしてやると、なかなかやんちゃな音になると表現したい。


【ベース&ギター】その23

kage

2021/11/15 (Mon) 20:48

fendermstssh.jpg

2021/01 [Fender MEX Stratocaster HSS]
長女が突然に、ゲームのキャラに触発されてギターを始めたいと言い出した。
特に音楽がしたいという訳でもないのだけど、キャラのギターを持った姿に感動したらしい。
理由はともあれ、ギター鳴らして音楽をしたいと言うことならと、手頃でそこそこのギターを選んであげた。
きっと途中で投げ出してしまうのでは無いかとちょっと心配ではあるのだが、それならば俺がもらって弾いてやれば、ギターも本望であろう。
このギターはFenderのMexico製造であるらしい。 以前であればストラトキャスターはシングルコイルのピックアプが3つ並ぶのが普通であったが、最近になっていろいろな組み合わせのピックアップを搭載するのが増えてきた。
それにともなってセレクトスイッチも5点接点の物が使われていて、ハムバッカーは1つのハムと2つシングルを使い分けられるようになっている。
しかしながら、古いストラトではできたシングル2つを鳴らすようなセレクトできないみたいである。

【ベース&ギター】その22

kage

2021/11/12 (Fri) 14:29

fenderjpb.jpg

2020/11 [Fender Japan Precision Bass 70-78US]
長男が高校、大学と9年間、軽音部に所属して使っていたベースである。
何年か前に社会人になり、バンド活動から離れてしまっていたので、俺が預かって弾く事にした。
色は「オリンピック・ホワイト」だったはずであるが、経年の色焼けやタバコのヤニなどで、クリーム色に変化していて、またそれも味わい深い物がある。
ペグやボリュームノブの軸は曲がってしまったものがあったりして、激しく使ったんだなと嬉しくなる。(笑)
ピックアップはUSと同じ物が載っているので、音もそれなりにしっかりしている。それは9年以上経った今も変わっていない。
中々のブリブリな音を出してくれ、これはこれで面白い使えるベースなのである。
ライブで音を出すのが楽しみである。

【ベース&ギター】その21

kage

2021/11/08 (Mon) 14:31

hartkehd50.jpg

2020/08 [Hartke HD50-Bass Combo]
所属バンド「K2」で、どこの練習場所になっても大丈夫なように、持ち運びが可能なベースアンプを探すことにした。
条件としては、ちょっとした場所でのライブにも使える、ある程度の音のバン練にも耐えられる、一人で持ち運びができる。
こう考えると、コンボアンプで重量は20kg以下、できれば15kgぐらいがいい。
これで絞ってみたら、いくつかのアンプが候補に残ったので、値段との兼ね合いもあったと、以前に「The Gates」のバン練の時、岩手盛岡のスタジオに置いたあったHartkeを使って、かなりいい音してたのが印象的だったって言うこともあり、このHartkeの50Wにした。

【ベース&ギター】その20

kage

2021/11/03 (Wed) 21:44

akaimpkminiplay.jpg

2020/10 [AKAI MPK Mini Play]
前から欲しいと思ってたMidiキーボードである。
しかも音源内蔵なので、Midiしなくても単独でキーボードとしても音がでる。
パッドにドラム音源が割り当てられているので、指ドラムもできそうである。
その辺から攻めて、ゆくゆくは音楽作りもできたらいいなと思っている。
ただし、自分はまともにキーボードは弾けないので、簡単なメロディとかを鳴らす程度になりそうではあるが。(笑)
躊躇し中々変えなかったMidiキーボードであるが、単独でも音が出るということでぐっと背中を押されてしまった。
そして、某メルカリで眺めていたらケース付きで安く出品されていた。
これは買ってしまいなさいという「神のお告げ」と信じて買ってしまうことにした。
しかしながら、使い方の詳しいマニュアル等は附属されていないので、ネットに転がっている使い方などを参考にしているが、中々難しくてPCのDAWから音がまだ出ていない。(汗)

【ベース&ギター】その19

kage

2021/10/30 (Sat) 18:20

tascamgb10_20211030181813293.jpg

2019/11 [TASCAM GB-10]
楽器を個人で練習するときに、音源を聞きながら練習するのだが、その時にやりやすいように工夫が凝らされたトレーナーである。
少し前の話になるが、バンドに加入しベースを練習するために古い型のトレーナーを使用していた。
ある日、いつものように練習しようと、楽器やエフェクターをセッティングし、そのトレーナーの電源を・・・。
入らない。
他にも音源をならすだけなら、スマホを使うとかレコーダーを使うとか、方法は色々ある。
けれど、トレーナーを使うと、音程はそのままで速度を下げたり、ベースを強調したりと、個人練習がしやすいようになっているトレーナーを使いたくなる。
メーカーのWebサイトには、同じものは姿を消し、このGB-10が掲載されていた。
前のと比べると、ちょっと便利になっている代わりに、ベース強調のオプションが無くなっている。
コピーするときに、ちょっと辛いかも知れないなぁ。

【ベース&ギター】その18

kage

2021/10/25 (Mon) 22:20

tascamgb10.jpg

2019/11 [TASCAM GB-10]
TASCAM GB-10 楽器を個人で練習するときに、音源を聞きながら練習するのだが、その時にやりやすいように工夫が凝らされたトレーナーである。
少し前の話になるが、バンドに加入しベースを練習するために古い型のトレーナーを使用していた。
ある日、いつものように練習しようと、楽器やエフェクターをセッティングし、そのトレーナーの電源を・・・。
入らない。
他にも音源をならすだけなら、スマホを使うとかレコーダーを使うとか、方法は色々ある。
けれど、トレーナーを使うと、音程はそのままで速度を下げたり、ベースを強調したりと、個人練習がしやすいようになっているトレーナーを使いたくなる。
メーカーのWebサイトには、同じものは姿を消し、このGB-10が掲載されていた。
前のと比べると、ちょっと便利になっている代わりに、ベース強調のオプションが無くなっている。
コピーするときに、ちょっと辛いかも知れないなぁ。

【ベース&ギター】その17

kage

2021/10/23 (Sat) 00:55

laneylx10b.jpg

2019/04/10 [Laney LX10B] 
出力10Wの小さいベースアンプである。
自宅練習では、いつも[Ibanez Bass Amp SW20}を使っていたのだけれど、小さくてどこでも置けるようなヘッドホンアンプのように使えるベースアンプを探していた。
良い物を選べば、それなりの値段になってしまうので、とりあえず安くて小さいのということで選んでみた。
このアンプを使った練習の時は、ほとんどはヘッドフォンかイヤフォンを通して聞くが、スピーカーをからちゃんと音を出してもそれなりに聞けるアンプではある。
程ほどの音で練習するならば、この程度でも十分だし、音が良いとか悪いとか言うなら、もっとちゃんとしたそれなりに出力のあるアンプを使えば良いことであるから、音がどうのという注文はない。(笑)

【ベース&ギター】その16

kage

2021/10/19 (Tue) 20:25

SadowskyMet.jpg

2018/10/24 [Sadowsky Metro Line RV4-WL (SWG)] 
Sadowsky Metro Line RV4 ウィル・リー モデルである。
タル・ウィルケンフェルドのメインベースがサドウスキーだったから、ずっと欲しいと思っていた憧れのベースである。
できれば木目のナチュラルが欲しかったと思っていたけれど、この目を引くきれいな深みのあるグリーンも中々捨てがたい。いい色だ。
色々なラインナップがあるが、メトロ・ラインという世界戦略のためのラインナップらしい。ウィル・リーというミュージシャンは良く知らないけど、とにかくサドウスキーを弾いてみたいと思っていた。
けれど、バンドも中途半端になってしまったりして、もうそれは無いだろうなと思っていたら、三度バンドに誘われて弾くことになった。そして、たまたまだけど、良さそうなこのベースが売りに出ていたのだ。
少し音を出してみたけれど、弾きやすいのはもちろんだが、ブリブリとした張りのある音で、新しいバンドの色に合っているんじゃないかとも思う。
早くライブでブンブンと振り回してみたいものだ。(笑)

・ちょっと能書き

Sadowskyの世界戦略モデルMetrolineシリーズは世界中のプレイヤーをターゲットに長年の研究開発を経て完成されたグローバルモデル。
Sadowsky Guitarsの新たな挑戦を体感できるラインアップです。
MetrolineシリーズはSadowsky NYC Bassの基本的なモデルをすべてラインアップし、更に搭載されているピックアップ、プリアンプ、ブリッジなど、Sadowsky NYCと同じパーツが使用されています。

・RV4 DESCRIPTIONS
  Sleek undersized J body shape
  Solid alder body
  Thicker headstock and graphite strips dramatically reduce dead spots and create a more even response on every note
  Rosewood fingerboard
  1.5” or nut width on 4-string
  21 18% nickel/silver frets .094″ wide x .051″ high, maximum hardness
  Custom Gotoh/Sadowsky tuning gears on 4 string
  Sadowsky Humcancelling J pickups (60’s location)
  Classic Sadowsky Treble and Bass boost pre-amp with true bypass switch
  Controls:master vol, pickup blend, treble roll-off (VTC) with pre-amp bypass, bass boost, treble boost
  Sadowsky bridge with quick release
  20mm 4 string bridge spacing

・COLOR:Sherwood Green(SWG) / Parchent

・SPECIFICATIONS
  Body:Alder
  Body Shape:Dinky
  Neck:Maple
  Fingerboard:Rosewood
  Tuner:Sadowsky 4string Tuner
  # Of Fret:21
  Fret:Sadowsky Standard (Radius 12″)
  Trussrod Nut:Spokewheel Nut
  Pickups:Sadowsky Humcancelling J
  Preamp:Sadowsky Standard Bass Preamp
  Control:Master Vol / P.U.Pan / Passive Roll Off Tone
  (w/Pull Switch for Preamp Bypass) / Treble & Bass
  Bridge:Sadowsky 4string Bass
  Strings:Sadowsky STRINGS SBS45 Blue
  Case:Sadowsky Semi Hard Case
  Price:\310,000(税別)

【ベース&ギター】その15

kage

2021/10/11 (Mon) 21:15

effector1.jpg

2009/12 [Effector Boad] 
コンパクトを3つしか使っていないと言う、いたってシンプルな接続になったEffector Boadである。
足元のメインをマルチエフェクターからALBIT A2BPproに変更、それにチューナーとオーバードライブを加えてエフェクターボードに入れた。
いわゆる飛び道具の類は必要としていないので、今のところはこの組み合わせで十分であるが、今後はコンプとイコライザーが必要になるかもしれない。
ベースからA2BPproのAchに入り、sendでODB-3へ出しretuneで戻す。そこへA2BPproのBchをmixさせて厚みを増す。そして他方ではtuneroutでTU-2へ接続している。
普通は両面テープでケースに貼り付けるのだが、どうも上手く粘着してくれない。mixiのある方のアイディアをいただいてワイヤー網を使ってみたが、中々合うサイズが無かった。ちなみに20×20cmの魚焼き網を2枚流用した。

【ベース&ギター】その14

kage

2021/10/08 (Fri) 17:36

bossodb3.jpg

2009/12 [BOSS ODB-3(Bass OverDrive)] 
国内ではメジャーなBOSSの歪み系エフェクター、ベース用オーバードライブである。
マルチエフェクターからALBIT A2BPproに乗り換えたのだが、歪みがほとんど得られないのでオーバードライブを使うつもりでいた。
すでに手持ちのBOSS OD-1があったが、経年劣化のためにノイズが出てしまっている。ガリのような軽い症状ではなく、常にザァ~っという雑音なので、どうも使い物にならなくなってしまった。
そういうこともあって、当たらしいオーバードライブをと思い、どうせならベース用のBOSS ODB-3を購入することにした。
オークションで中古であるが、数回しか使ったことがないという新品同様のODB-3を手に入れることができた。
音に関しては期待通りの歪みであるが、歪みの掛かり具合が急なので、もう少し緩やかに掛かってくれるとありがたい。
それでも当分の間は、このODB-3から音を出していこうと思っている。

【ベース&ギター】その13

kage

2021/10/02 (Sat) 11:24

ALBITA2BPpro.jpg

2009/12 [ALBIT A2BPpro]
ALBITという国内メーカーのベース用のプリアンプである。
このシリーズにはいくつかバリエーションがあって、今回投入したのは2チャンネル真空管仕様である。
今まではマルチエフェクターのKORG AX3000Bを使ってきたが、この辺でプリアンプを使ってみたいと思うようになった。そして以前から注目していたALBITの製品を投入した。
音はAX3000Bとは比べられるものではないし、他のプリアンプもほとんど使ったことがないので比較できるものではないが、使った印象としては音に張りが出て厚くなった感じがする。
ただ、まだセッティングも固まったわけでも無く、使用するベース全部で試したわけではないから、これからが楽しみだ。
仕様としては2チャンネルで独立してセッティングできたりミックスしたり、2つのベースを同時にならせたりすることができるので、音の可能性を広げてくれそうである。
加えてエフェクトループから他のエフェクターの音を取り込めるので、オーバードライブなどの歪み系を加える予定である。
またAUX INがあるので音源の音を出しながら、それに合わせて練習ができることや、ヘッドフォンが使えるのが嬉しい。

【ベース&ギター】その12

kage

2021/09/26 (Sun) 11:09

PEAVEYTOUR_202109261108442e8.jpg

2009/07 [PEAVEY TOUR450+TOUR210]
アンプヘッドとキャビネットのセットである。
出力はヘッドが8Ωで300W、4Ωで450W、キャビネットは8Ω350Wで10インチスピーカーが2発である。
あまりユーザーも多くなさそうなので、音的には冒険といえば冒険であった。音にはあまりこだわりは持っていないのでPEAVEYの選択もありである。
初めてのヘッド+キャビなので、インピーダンスとワット数の組み合わせでかなり慎重になってしまったが某ハウスからの通販である。
キャビネットは他にも選択肢はあったのだが、一人で持ち運びできることが絶対条件だったので、20Kgのこのキャビネットはぴったりである。値段的にもこの組み合わせはかなり財布に優しく、音もそこそこなのでお買い得である。
まずはこのセットを基本として、不満が出てきたときにヘッドを替えてみる、あるいはキャビを替えるということができると思う。
早くライブで大きな音を出して、このアンプを楽しみたいものである。(笑)

【ベース&ギター】その11

kage

2021/09/22 (Wed) 09:00

alembic_essence.jpg

2007/11 [Alembic Essence]
高校生の時、音楽系の雑誌で見て以来ずっと憧れ続けてきたALEMBICである。
その時見たのはおそらくSSBというモデルだったと思うのだが、詳しいことは分からないままずっと憧れ続けていたわけである。
つい最近になって、その熱が再燃してきてしまったが、田舎住まいの悲しさか、近くにはまともな中古を置いている楽器屋がない。ましてや高級楽器の部類に入るAlembicなぞ現物を見る機会も無いのである。そういうわけなので、ずっとオークションや中古楽器を物色していた。
このEssenceを見かける前までは、SSBを購入しようと思っていたのだが、なぜか目の前にEssenceをぶら下げられた途端に一気に気持ちがEssenceに傾いてしまった。「最終兵器彼女」である。
色はAlmost Blackというオーダー色で、写真では分かりづらいのだが、表面にはうっすらとメイプルのトラ目が浮き出ている。

AlembicEssH.jpg

実はこのEssenceは1994年製、13年落ちのベースである。前オーナーにネックの状態やポットのガリの有無などを質問したときに、新品同様なので問題は無いとの回答をもらった。けれど、いくらなんでも13年落ちで新品同様は無いだろうと必要なところのコンディションさえ問題なければ傷などは仕方ないと思っていた。いわゆるプレイヤーズコンディションでもOKだと思っていた。
送られてきたハードケースを開けてびっくり、そこには本当に新品同様で傷も無くペグなどの金属類にくすみも無かったのである。
確かに俺が買うには少々高いと思っていたのだが、その値段でも全然お買い得だったわけである。(笑)

【ベース&ギター】その10

kage

2021/09/18 (Sat) 08:36

abbox.jpg

2007/10 [BEHRINGER AMP SELECTOR AB100]
AMP SELECTOR、アンプセレクターとかABボックスとか呼ばれるものである。
要するにアンプを2つ用意して、1つの入力音をどちらかのアンプに信号を送ると言うもの。または、その逆も可能で2つの入力系からどちらかを選択して、1つの出力信号でアンプにつなぐこともできる。
俺は2つのベースをつなぎ、どちらかの音をアンプから出すという具合に使っている。と言っても家での練習とかリハにしか使ったことが無く、実践投入はまだである。2007年の暮れのライブの時に使おうと思っていたのだが、身内の不幸のためにキャンセルしてしまったので、使わないままになっている。
説明書によると、独立して出力の大きさを調整できるようになっていて、確かにツマミもそのようになっている。けれども家のやつはどうも不良品らしく、独立して出力調整ができない。(汗)


【ベース&ギター】その9

kage

2021/09/12 (Sun) 09:57

ax3kb.jpg

2007/09-2009/12 [KORG ToneWorks AX3000B]

2009/12の新しいエフェクターの投入で、その役目を終え他のベーシストへ譲ることにした。
今後はそのベーシストを足元から支えて欲しいな。(笑)

.......................................................................
いわゆるマルチエフェクターのKORG AX3000Bである。
エフェクターのマルチに関しては賛否両論あるのだが、俺としてはあんまり気にしていない。コンパクトでも俺の要求を満たすようなら、それはそれでもいい。(笑)
ベースを再開してから家で練習することが多くなった。最初はトレーナーにベースを突っ込んでそこから音源とミックスして聞いていた。
まぁ、練習するにはそれでも良かったけど、音そのものをいじってみたくなってきた。それ同時にヘッドホンアンプが欲しくなりいろいろ物色してみた。オークションを漁っていたら、比較的安くエフェクターとヘッドフォンアンプを兼ねたAX3000Bを見つけることができた。
色々なエフェクトを作ることができて、それをそのまま記憶させておくことができて便利だ。俺としてはちょっとオーバードライブで歪ませてコンプレッサーで音の粒をそろえるようなことを何本かのベースに合わせて用意している。空間系とか飛び物とかは使うことは無いだろうなぁ。(笑)

【ベース&ギター】その8

kage

2021/09/07 (Tue) 20:16

warwick_corvette.jpg

2007/03 [Warwick Corvette $$ 4st]
2006年製のWarwick Corvette $$というモデルである。
最後の$$の意味が分からないが、ひょっとしてハムバッカーを2つ積んでいるからなのだろうか。
ワーウィックにも色々なモデルがその年ごとに存在したり、種類も多く販売している。その中でハムバッカーの積んだものが欲しいと思っていたところに、ある楽器屋から40%offで売りに出ているのを発見してしまった。(笑)
最初にコルベットを見た時はシェープがなんだか変な感じがして、ちょっと好きになれそうに無かった。オークションなんかで何度も見ているうちにそのシェープにも慣れてしまったと言う感じである。(汗)
音はどうなのかと言うと、コントロール系のつまみやスイッチが一杯あるので、正直どれをどうすればどんな音になるのかはまだはっきりと分かっていない。ちょっと時間をかけて色々と試してみる必要があるのかなぁ。
ただ最初の印象としては所有している他のベースに比べると、しまっていて硬めな印象を受けたが。。。

【ベース&ギター】その7

kage

2021/09/03 (Fri) 17:55

bosstu2.jpg

2006/12 [BOSS TU-2(Chromatic Tuner)]
弦楽器を使うために必ず必要なチューナーだ。
それまでは小さなチューナーを使っていたが、ステージでも使えるようなコンパクトタイプのチューナーを買った。
もっともその昔は音叉で基準の音を合わせて、それを基にチューニングするのが一般的だった。ベースを再開するようになって、ネットで色々と調べていくうちに、今はチューナーで音を合わせるのが一般的ということが分かった。
チューナーも色々あるらしいが、精度さえ出ればどれでもいいかもしれない。もっとも使いやすいということが一番であるが。
その後、マルチエフェクターを購入後はそれに入っているチューナーを使うようになった。マルチを使わなくなったらまたこのTU-2を使うつもりである。

【ベース&ギター】その6

kage

2021/08/27 (Fri) 09:52

guitar8.jpg

2006/10 [Fender Japan OPB51]
今度は2005年製Fender JapanのOPB51というモデルである。
どういうわけかまた知り合いを通じてバンドでベースを弾く事になった。手持ちのGreco EBでも良かったのだが、そのバンドの選曲がどうもEBには向いていないような感じだった。そういうことならオークションで安いものを見つけてやるかということで、ほとんど新品のOPB51を半額で手に入れることができた。
このモデル、ずっと勝手にテレキャスターベースだと思っていた。確かにシェイプやヘッドはテレキャスターと同じ。正確には分からないが想像では、どうやらプレジッションのオールドという事らしい。
高校の頃に社会人のバンドでこのモデルを使っている人がいた。しかもフレットを抜いていた。すごく格好よく見えて、それ以来このモデルも欲しいとずっと思っていたのである。
pickup一発で1Vol・1Tone、音はやはりEBとは全然違い、ビュンビュンと言う感じである。(笑)

【ベース&ギター】その5

kage

2021/08/15 (Sun) 09:30

guitar6.jpg

2006/05 [Gibson SG '61 Reissue]
1990年製のGibson SG '61 Reissueを入手した。夢にまで見たGibsonのSGである。
ふとしたことからまたギターを弾きたくなってしまって、せっかくだからずっと憧れていた本物のSGを手に入れようと、オークションをずっと物色していた。
ざっと眺めるとSGでも色々なモデルや値段もまた色々。さすがに新品は買える金額では無かったので中古を探していたが、たまたま手のいい物をを競り落とす事ができた。
GrecoのSGと比べると肩幅はちょっと狭いようである。Gibson純正ケースにGrecoのを入れようとすると、肩が引っかかってしまってぴったりと収まらない。そんな事も知らなかった。(汗)
こうやって両方を比べてみると細かいところで少しずつ違うようであるが、Grecoの作りも中々である。コピーモデルはあるが、当時の職人さんが真面目に作ったという感じがする。
まだ実際にアンプから音を出してみていないので、どういう音がするのか分からないが楽しみでもある。

【ベース&ギター】その4

kage

2021/08/07 (Sat) 17:18

od1.jpg

1983/xx-2009/12 [BOSS Over Drive OD-1]
長年の経年劣化に加え、長期の不使用から常時雑音が出るようになってしまったので、ODB-3に乗り換え引退させることにした。

(学生の時にGrecoのSGを手に入れてからは、ベースよりギターを弾くことが多くなった。そこでちょっと歪みものが欲しくなったので、このオーバードライブを買った。
記憶があいまいになってしまったが、仙台に来てから買ったような気がするんだけど。
今はギターを弾くことが少なくなってしまったが、当然ちゃんと使える。(笑))

【ベース&ギター】その3

kage

2021/08/01 (Sun) 08:46

GrecoSG600.jpg
1980/xx [Greco SG600]
Gibson SGのコピーモデル、シリアル番号からすると1979年製である。
やっぱりベースだけじゃなくて、ギターも弾きたいなぁと思い蕨からはるか遠い横須賀まで買いに行った。
音楽雑誌の売買欄には色んな種類のギターがリストアップされていたが、俺が探していたのはGrecoのSGモデル。
なぜかベースにしてもギターにしても、このSGモデルが大好きだったのである。


【ベース&ギター】その2

kage

2021/07/27 (Tue) 23:42

greco_eb720.jpg

1979/xx [Greco EB-720]
Gibson EB3のコピーモデル、1978年製のEB-720である。
19歳の時に高校時代に使っていたGreco EB-420に替わってクレジットで買った。それまで使っていたEB-420に不満があったわけではない。自分でフレットを抜いてフレットレスにしてしまったら、まともに音が取れなくなってしまった。
そのままフレットレスで練習するという選択肢もあったが、やはり慣れ親しんだフレッテッドのほうがいいということで、今ではヲタクの街になってしまった秋葉原のLaoxから買った。
当時は高校時代から続けていたバンドは解散してしまったいたから、誰かとセッションをするとかライブをするということは無くなってしまっていた。けれどやっぱりベースは止められない。そんなに上手いわけでもないのだが、ボチボチと弾き続けていた。(笑)
その後も残念ながら、このEB-720は実践投入したことが無いのだが、最近は経てきた年数のように中々いい音になってきているので、次にステージに立つことがあれば使いたいと思う。



【ベース&ギター】その1

kage

2021/07/20 (Tue) 00:42

GrecoEB420.jpg

1976/xx [Greco EB-420]
Gibson EB3のコピーモデルの1976年製のEB-420であるが、このモデルのコピー元のEB-3は見たことが無い。
高校に入ってすぐに、親の脛をかじって手に入れた。当時一関にはGrecoのベースを売っている楽器屋は無かったので、仙台のヤマハまで買いに行った。
いつだったか、ちょっとドレスアップをしようと思って、工業系高校に通っていた友達にボディに「火の鳥」を描いてもらった。でも、ちゃんと塗装をしたりしていないので、経年劣化し今ではこするとポロポロと火の鳥がはがれてしまう。(汗)
高3のバンド解散後に、ある先輩の使っていたフレットレスベースに憧れて、フレットを抜いてしまった。自分でやったにもかかわらず結構いい出来であった。しかし、音が取れなくなり弾くことが無くなってしまったので、残念ながら引退してしまった。
高校の3年間のバンド生活はずいぶんと楽しい思いをした。
音の良し悪しはどうだったか、よく覚えてはいないのだが、フォークからブルース、ハードロックまでこのベース1本で音を出していた。(笑)
今は実家の物置で眠っている。ひょっとすると、もうこのベースから音を出すことは無いかもしれないが、どうしても処分はできない1本である。

【ベース&ギター】その0

kage

2021/07/14 (Wed) 20:25

guitar1.jpg

その昔、音楽に夢中だった頃に使っていたベースとギターだ。なぜかこのモデルとこの色が好きで、他のモデルを買わなかった。(笑)

中学生の頃に近所の同級生からギターを教えてもらった。(笑)
その頃にローカルで有名になり後にプロになった「NSP」というフォークトリオに憧れて、ギターを始める連中が多かったのだが、俺も俺にギターを教えてくれた同級生もその内の一人だ。同じクラスの友達とバンドを組もうと思った時にメンバーが4人いて、ギターをやりたかった俺はどういうわけかベースをやることになってしまった。
高校生になってロックに傾倒していった俺はなんとかベースを手に入れる。それが写真の一番右側に写ってるベース。
高校3年間はこのベースを使ったのだが、ネックをよく見ると分かる人には分かるのだろうけれど、フレットを抜いてある。いわゆるフレットレスベースにした。また、工業系の高校に通っていた友達にちょっとかっちょいいフェニックスをペイントしてもらった。
真ん中のベースは高校を卒業して、クレジットで苦労して買った物。
これは高校生の時に使っていたやつよりも、いい音が出ていたし、音のバリエーションがあった。
実はこっちのベースのほうが長く使っているのだが、一度もライブでは使ったことが無かったベースだ。
左端のギターは、学生時代に横須賀の高校生から中古で手に入れた。
ある雑誌の売買欄に出ていたのだが、雑誌が発売された次の日に早速電話を入れて買ってきた。
これらの楽器はすべて「ギブソン」のコピーモデルだが、「グレコ」という当時は国産でメジャーだったブランドの物だ。
今の楽器はどうか知らないが、当時ギブソンやフェンダーなどは高くてとても貧乏学生には手の届かない品物だった。ちなみに真ん中のモデルのギブソンの本物は高校生のときに23万円もしていた。(笑)

【マグカップ】その8

kage

2021/07/08 (Thu) 07:33

Starbucks [S]カップ
cup008.jpg
スタバのコーヒーカップ、ショート用である。(笑)
手に入れたのは何年前になるんだろう。
いつもスタバに寄ると、ほとんどはこのマグでコーヒーを飲む。
一番最初にコーヒーを飲んだときは、何となくずんぐりむっくりした形だなと思っていたが、慣れてしまえば使いやすく飲みやすい。
相当考えられているのだろう。
詳しくは知らないけれど、その時々によってデザインされたマグも販売される用である。
また、世界各国でもマグのデザインは違うみたいである。
Amazonで探してみると出てくるのだが各国仕様のマグが出てくるのだが、普段使いのマグにするには、さすがにちょっと高い。(汗)
最近は新型コロナの影響で、どこの店舗でもマグではなく、紙のカップで出されるのが残念。

【マグカップ】その7

kage

2021/07/03 (Sat) 09:45

nico and ...のカップ
cup007.jpg
nico and ...のマグカップである。
2018年7月、東京ビッグサイトへの出張で、横浜の方まで足を延ばした。
その時、何か同じ物を買って帰ろうと思いつき、ウロウロしてるときにnico and...のショップに遭遇した。
ショップ内をいろいろと見て回っていたら、アルファベッドを頭文字にしたマグカップを発見した。
自分の頭文字もあるしと思って、頭文字違いの2つをそれぞれに買った交換した。
そして「Happy is the man who enjoy」の一番が添えられている。
それまで使ってきたマグカップとは違い、全体的に薄くできており軽くなっている。
しばらくは会社で使っていたのだが、部署の異動にともないカップの置き場も無くなってしまった。
なので、壊さないようにと家に持ち帰り、そのまま使っている。

【マグカップ】その6

kage

2021/06/26 (Sat) 17:08

Billboard Live Tokyoのカップ
cup006_20210626170758e3e.jpg
Billboard Live Tokyoののマグカップである。
東京へ出張したときに、ちょうどラリー・カールトンが来日してライブをするというのでBillboard Live Tokyoへ聴きに行ったときに買ってきた。
何の変哲もない寸胴のカップにロゴがプリントされているだけであるが、それでもBillboard Live Tokyoへ足を踏み入れた記念だと思って使っている。
何しろBillboard Live Tokyoのシステムが分からなかったので、とりあえずスタッフの言うとおりに並んで入っていった。
飲んだり食べたりしながらライブが観れるってことで、自分はソーセージ盛り合わせとバーボンを注文した。(笑)
予約でとれたシートは結構上の方だったので、ちゃんとした音は聞こえなかったが、それでもライブの雰囲気は十分に伝わってきた。
元々はその前の年にBillboard Live Tokyoへタル・ウィルケンフェルド来る予定で楽しみにしてたけど、怪我のために急遽中止になってしまって残念だなぁと思っていた。
次に行く機会があったら、別のバージョンのカップを買ってくるつもりである。(笑)


#マグカップ

【マグカップ】その5

kage

2021/06/22 (Tue) 19:10

もらい物のカップ
cup005_20210622190944851.jpg
スヌーピーのマグカップである。
同僚が同じものを持っていたのを思い出したけど、いったい何処で手に入れたのか忘れてしまった。
ネットに情報が転がってるかなと、色々とググっていたら、ハタッと思い出した。
7-11の販促グッズではなかったかなぁ。
洋服の青山ではないよね?
ある一定の金額以上を買うと引くことができるくじ引き。確かそれでもらったんじゃなかったかなぁ。
中学生ぐらいのときに一生懸命スヌーピーの漫画を読んだことはあるが、だからと言って熱烈なファンでもない。
でも、可愛いのとノベルティってことで大事に使っている。
本当はもう一つ欲しかったのだけれど、中々うまくはいかないものである。(汗)

【マグカップ】その4

kage

2021/06/13 (Sun) 10:06

ミスドのカップ
cup004_20210613100614318.jpg
何年か前にミスドのポイントで交換したマグカップである。
それよりも少し前に、もうちょっとでマグカップと交換と言うところでポイントを失効させてしまって残念な思いをしたことがあった。
なので、このマグカップをもらうために一生懸命にミスドへ通ってドーナッツを買った。(笑)
他にも何種類かの色があったと思ったが、パッと見た瞬間にこの色しかないなと思った。
希望を言わせてもらえれば、オフホワイトの色が好きなのだが、その時はラインナップには無かったんじゃないかなぁ。
オフホワイトのミスドカップって世の中に存在するもんなんだろうか・・・・。持っている人がいたら是非連絡が欲しいと思うのであります。(笑)

【マグカップ】その3

kage

2021/06/09 (Wed) 18:45

もらい物のカップ
cup0031_20210609184452059.jpgcup0032_20210609184518112.jpg
このカップは同じデザインで裏と表がある。
どちらが裏でどちらが表かは分からないけれど、多分右利きの人は右手で持った時に見える模様の方が表なんじゃないだろうか。
で、これはもらい物である。 プレゼントとか、そんな洒落ているものでは無くて、会社で使っているのだが、その前まで使っていたのを割ってしまったとお詫びに買ってくれたカップなのである。
そんなに気を使わなくても良いのにと言ったのだけど、返すのもあれなので・・・やっぱり自分で使うことにした。
でも、使い始めてから結構長持ちしているのであるから、意識はしていないけれども、きっと大事に使っているのだろう。
容量は普通のカップと同じだと思うのだけど、何となく小振りな感じがする。
そして好み通りに全体的に厚くできている。

【マグカップ】その2

kage

2021/06/05 (Sat) 09:56

入院したときのカップ
cup001_20210605095619565.jpg
2010年の正月明けに仙台の大学病院に入院したのだが、その前日にイオンに買い出しに出かけた。
病院に持って行く身の回りの物をそろえるためだったのだけど、そのときに目に止まったマグカップである。
入院すれば当然のようにお茶や薬のための水を飲むことになるのだが、その時のために買った。
最近になって、この形のマグカップが多く目にする気がするのだが、デザインが今一だったので思いとどまっていた。けれど、これはTシャツが針がねハンガーに掛けられた絵となにやら英語の筆記体で文章が書かれたデザインになっている。しかもカップの色は白である。
自分はこういうシンプルなデザインの好きだなぁ。(笑)

【マグカップ】その1

kage

2021/06/01 (Tue) 22:10

お気に入りのカップ
cup002_20210601221005c09.jpg
これは何年前に買ったカップだったろう。
なるべくシンプルで安い、しかも縁の厚目のカップが欲しいと思って探していた。
確か500円均一のワゴンか何かにあったはずである。
その時は2つ買ってきて、家で普段使いの積もりだった。それが使っているうちに1つが壊れてしまった。
それを気に会社で使うカップにしようと思ったのだったが、その時は他に会社で使っているカップがあった。その使っていたカップを壊してしまったのを機に今でも会社に置いて第2マイカップとして使っている。
できればもう少し容量があると良かったなぁと思うのだけどね。

【マグカップ】その0

kage

2021/05/29 (Sat) 10:20

家や会社で普段使っているマグカップである。
飲みやすいとか持ちやすいとかという基準と見た目のお気に入りが基準で選んだものたち。もちろんそれぞれに名前などはあるとは思えない。
普段使いなので壊してしまうこともあるので、そんなに高いマグカップは買う気にはならない。気に入れさえすれば100円ショップで買ったも一向に差し支えは無いのだが、中々気に入った物を見つけることができない。
そんな中で、やっと見つけたお気に入りのマグカップである。(笑)

【シューズ】その9

kage

2021/05/24 (Mon) 21:33

shoes09.jpg

Reebok クラシック CLUB C 85 BASIC

久し振りに買うズックである。しかもリーボック。
かなり昔にリーボックのエアロビクス用を買ったことがあったが、こいつはテニスの分類なのかな。
もちろんテニスをするために買ったわけではないけど、簡単に履いたり脱いだりできるズックが欲しかった。
何しろ手持ちのナイキのバスケはハイカットなので面倒臭い。だから、ローカットで手間の掛からないシューズを選んだわけだが。
ナイキのトレーニングもあるのだけど、そろそろダメになってしまった。
しかし、リーボックというメーカーは今はどこの傘下になっているのだろう。ブランド名は残っていたのにはビックリした。
ダイエットブームの時に靴底が不安定で体幹を鍛えるようなシューズが発売されたのは分かっていたが・・・。

【シューズ】その8

kage

2021/05/15 (Sat) 17:45

shoes08.jpg

REGALのプレーントウ
2019年の秋に、それまで履いていたREGALのプレーントウがクタクタになってしまったので、必要に駆られて購入した。
最近になってREGALのラインナップに見られるようになってきた、ちょっと先が丸くて幅広用のプレーントゥである。
注文したときはサイズばかり気にしていたのだけど、届いてみて結構幅広に作ってあるなというのが感想である。
だから、履いていても楽なのだけれど、何となくつま先のホールドが悪くて落ち着かない気がしている。
もちろんスーツ着用の仕事用の靴と思って購入したが、そろそろスーツも特別の日以外は必要無くなりそうなんで、この靴も極希にしか履かないのであろう。
けれども、必ず履く必要も出てくるので、これはこれでいいのだと思う。
前のプレーントゥのように、底がつるつるではないので、雪が降っても大丈夫だろうと思う。
そういや、今シーズンはほとんど降っていないから、雪道でのこの靴はほぼ未体験だった。(笑)

【シューズ】その7

kage

2021/05/09 (Sun) 10:03

shoes07.jpg

NIKE AIR FORCE
自分の中ではバスケットシューズという感じなのだけれど、どうなんだろうね。
ミドルカットとでも言うのかな、ハイカットよりは履きやすい。
ただ、さっと履いて出かける事ができずに、ちょっと一手間ヒモを結ぶのが必要だから、面倒っちゃ面倒だなぁ。だから、今ではバスケットはローカットばかりを履いてきたのだけれどね。
でも、せっかく買うのだからとハイカットにしてみたけど、ちょっと工夫が必要なのかも知れないな。
Nikeには色々バスケットシューズがあり、もちろんプロ仕様のシューズもある。
値段もピンからキリまであるけれど、次はどのシューズにしようか楽しみでもある。(笑)

【シューズ】その6

kage

2021/05/04 (Tue) 11:45

shoes06.jpg

TOP-SIDER SPERRYのワークブーツである。
懐かしいTOP-SIDERであるが、SPERRYとは何だろう。
HAWKINSのワークブーツが流石にだめになってきたので、その代わりになるワークブーツを探した。
色々あるのだけれど、足のサイズと中々合わないということもあって、購入するに至らなかったのだけれど、このワークブーツは店頭で試しに履いてみた。
何とか大丈夫そうなので、そのままお持ち帰りした。
履き心地は良いよ、やっぱり。
ソールが少し柔らかい感じがするので、足に対するショックが和らいでいるのかも知れないね。

【シューズ】その5

kage

2021/04/27 (Tue) 21:01

shoes05.jpg

REGALのプレーントウである。
仕事用の革靴である。 今の部署では、平日はスーツを着用している。当然のことながら、靴もズックというわけにはいかない。
なぜがREGALのシューズは、学生時代から憧れを抱いていた。友達の影響か、雑誌の影響だったのか。
このプレーントウは2足目である。1足目はくたびれてしまったので買い換えることにしたのだが、この2足目もそろそろくたびれが目立つようになった来た。
それほど高い靴ではないので、そろそろもう1足、新調しても良いのかも知れない。

【シューズ】その4

kage

2021/04/21 (Wed) 20:17

shoes04.jpg

HAWKINSのドライビングシューズであるが、購入する前はデッキシューズのつもりで注文した。
靴を購入するときにいつも困るのが自分の足のサイズである。
このシューズも多少は大きいのであるが、これ以下のは無いとのことで妥協した。
まぁ、ギリギリの大きさなので、お気軽に履いている。
ドライビングシューズ、最近は割とどこでも発売しているようであるが、自分とすればレース用品の気がしてならない。
しかしながら、ご覧の通りにカジュアルなシューズである。

【シューズ】その3

kage

2021/04/17 (Sat) 09:42

shoes03.jpg

NIKEのトレーニングシューズであるが、正式な名前は知らない。
近くのサティ(イオン)にテナントで入っていたショップの「お安くなりました」のコーナーに置いてあった。
サイズが自分の足に合うちょうど良い大きさだったので、即お買い求めである。値段はいくらだったか忘れたが、3000円ぐらいだったと思う。
多分購入してから10年以上は経っているはずであるが、しばらくライブのステージ用とだけしか履いていなかったから、まだまだ十分に履ける状態を保っている。
今のところ、一番履きやすくて楽だから、出番は多くなるはずである。(笑)


【シューズ】その2

kage

2021/04/10 (Sat) 16:59

shoes02.jpg

HAWKINSのワークブーツである。
買ったのはいつだっただろうか、かなり昔である。リーボックのサンダルどころ古さではない。
髙さがショートだったので買った時は少し違和感があった。でも、履いている内に足になじんで、履きやすくなった。
それに、セミやロングのようにいちいちひもをほどく必要も無いのがありがたい。
一時、履くのを止めて下駄箱にしまっていた時期があるが、また履きたくなって下駄箱からだしオイルを塗った。
流石に20年も履いているとかなり疲れてくる。革もかなり硬くなり、つま先に至っては荒れてひび割れたりもしている。
もうすでにHAWKINSのカタログからは消えてしまっているので、別のメーカーのを探さないといけない。

【シューズ】その1

kage

2021/04/04 (Sun) 09:33

shoes01.jpg

リーボックのサンダルである。
このサンダルも結構長いこと履いてるなぁ。
特殊なゴムでできていそうな、軽くて履きやすいサンダルである。
会社で履こうと買ったのだけど、業務の関係で本社から工場へ引っ越した時に買った。
だから、10年ぐらいになるんじゃないかなぁ・・・。
それまで履いていたやつは、少し硬めのゴム製(?)だったので2年ぐらいでクラックが入ってダメになり掛けていた。
さらにその前のは、普通の靴屋さんで売っているようなサンダルで、つま先の方から底が剥がれてきて、やっぱり2年ぐらいでダメになった。
そう考えるとこのサンダルは業者泣かせで、消費者を喜ばせる一品である。。。(笑)

【シューズ】その0

kage

2021/03/29 (Mon) 20:03

普段履いてるサンダルやズックからビジネスシューズまで、自分がどんな靴を履いてるのか、自分なりの履き心地を書きながら、さらけ出してみる。
案外、物持ちがいい自分なので、古い靴も結構あったりしてね。(笑)

【カッターナイフ】その5

kage

2021/03/22 (Mon) 15:24

cutter05.jpg

 オルファ(OLFA) アートナイフ 10B である。
いつの頃からか、自分の机の引き出しに入ってた。
多分、デザイン部門で使用していた机が自分に回ってきたのかなと思っている。引越か配置換えで机を引き渡す時に引き出しに入れたままになっていたのかなぁ。
このナイフ、また使った形跡がない。
デザイン部門に限らず、編集や製版でも、この手のナイフは使っていたけれど、どこでも写研のナイフだったから、これはひょっとして個人で買ったやつなのかも知れない。
そうすると、あの人かその人が買ったのかも知れない。
自分でも使うことは無いだろうけど、記念に貰っておくことにするよ。

【カッターナイフ】その4

kage

2021/03/15 (Mon) 12:25

cutter04.jpg

 今の会社で最初に配属された部署で支給されたナイフである。
その部署はフィルム製版をして印刷用アルミ刷版を作る部署であったから、このナイフは主にマスクするオレンジ色のコーティングをされたフィルムを切るのに使った。
こう言っても分からないだろう、今ではおそらくは存在しない工程だから。
デザイン会社が紙の版下を作成するときにも使用するな、確かに。
漫画のスクリーントーンを切るときに使うと楽だよっていうと、分かるかも知れない。
もちろん今では自分も使用はしていないし、25年も前にフィルム製版の工程も会社からは無くなっている。
ただ、初めての配属部署で使用したというお宝である。(笑)